遺産相続における相続人は誰

遺産相続のトラブル > 相続手続き > 遺産相続における相続人は誰

遺産相続における相続人は誰

遺産を残した人(亡くなった人)のことを被相続人と言い、遺産を受け継ぐ人のことを相続人と言います。このふたつは遺産相続について調べている時、非常に頻繁に出てくる言葉ですね。
見たことや聞いたことがあると言う人も沢山いることでしょう。

 

今回はこの言葉の内、「相続人」について詳しくお話ししていこうと思います。
被相続人から遺産を受け継ぐ時、その方と相続人との関係はとても重要なポイントになってきます。遺産相続の知識として覚えておくと、いざという時に役に立つのではないでしょうか。

 

まず、法で定められた相続人のことを法定相続人と言うのですが、法定相続人には被相続人と血縁関係のある血族相続人と、被相続人の配偶者である配偶者相続人が存在します。
配偶者とは妻や夫のことで、常に相続人となり、血族配偶者がいない場合には一人で相続を受け継ぐことになります。
そして血族配偶者がいる場合には、その相続人達と遺産を分配することになります。
しかし、例えば離婚した元妻・元夫や内縁の妻・夫は相続の権利はありません。
婚姻届を提出している正式な夫婦だけが相続人として認められます。

 

そして血族相続人は順位によって決まり、配偶者と共に相続人になります。
第1順位は被相続人の子供であり、その子供が亡くなっている場合には孫などが遺産相続の相続人になります。第2順位は被相続人の父や母です。父母がいない場合は祖父母が相続人になります。第3順位は被相続人の兄弟や姉妹です。兄弟や姉妹が亡くなっている場合には姪や甥が相続人となります。

 

因みに第2順位者は第1順位者がいないときに遺産相続の権利が発生し、第3順位者は第2順位者がいないときに権利が発生します。

 

例えば相続人が配偶者と第1順位(子供)のみだった場合は、配偶者が2分の1、第1順位者が2分の1という遺産分配がされ、配偶者がいない(亡くなっているなど)場合は第1順位者が遺産を全て受け取ります。
さらに配偶者と第2順位(父母など)だった場合は、配偶者が3分の2を受け取り、第2順位者が3分の1を受け取ります。
そしてこちらも配偶者がいない場合は第2順位者が遺産を全て受け取ることになります。

 

ですがこれはあくまで法定相続分ですので、話し合いでその他の割合の分配がまとまれば、当然そちらを優先して構いません。
絶対に上記の割合で分けなければいけないというわけではないのです。
遺産相続では相続人同士の話し合いが最も重要視され、それでも決まらない場合などは法定相続分が適用されるということになります。

 

わからないことは専門家に相談しましょう。

メールフォームから無料相談できます。
   ↓ ↓ ↓

関連記事

  1. 遺産相続で作成する遺産分割協議書
  2. 税金からみる遺産相続
  3. 基本的な遺産相続手続きの流れ

トラックバックURL

http://xn--u9jv28rhfbc0mhpz.jp/%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e4%ba%ba/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です